株式会社インデペンデンスシステムズ横浜

システム開発エンジニアの西田五郎が運営しております。新規開発案件のご依頼をお待ちしております。

*

Tiva C EK-TM4C123GXL(その3)EWARMでビルド確認

      2014/04/05

tivacTiva C EK-TM4C123GXLを使ってみるの3回目です。
今回はEWARM(ARM用 IAR Embedded Workbench)で、TivaWare for C Seriesのサンプルをビルドして動作確認をします。
前回の記事までで、ボード自体の起動確認、EWARM、TivaWare for C Seriesのインストールが完了しているとして進めます。

メーカのEWARMでの開発のドキュメントは、現在、以下のページの、More Literature (7)の項にあります。
Tiva™ C Series LaunchPad Evaluation Kit

文書直接へのリンクは以下です。
Tiva™ C Series Development and Evaluation Kits for IAR Embedded Workbench
まず、EWARMを起動します。以下のような画面になると思います。

0002

ここで、メニューの、ファイル → 開く→ ワークスペースで、以下のファイルを開きます。
各自のインストール先\TivaWare_C_Series\examples\boards\ek-tm4c123gxl\tm4c123gxl.eww

以下のような画面になるかと思います。
0003

この画面では、project0がアクティブになっていますが、最初は別のプロジェクトがアクティブになっているかもしれないです。実行単位が、プロジェクトで、プロジェクトの集まりがワークスペースのようです。ここでは、とりあえず、project0を選択してビルドします。

project0 がアクティブになっていない場合は、project0を右クリックで、アクティブにします。以下参照。右クリックで、一番下です。

0005

project0のフォルダを展開して、ソースを見てみます。

0009

いわいる、Lチカ系(LEDを点滅させる処理)のようです。
メニューの、プロジェクト → メイクでメイク(ビルド)します。
うまくいけば、以下のようなメッセージで完了するかと思います。

エラーの合計数: 0
ワーニングの合計数: 0

ここで、いよいよ評価ボードを接続します。USBとスイッチがデバッグ側であること確認します。
ボケた画像ですいませんが、以下のページにあります。上の方にUSBケーブルを接続して、その隣のスイッチは右側です。
その1のページ

接続出来たら、メニュー → ダウンロードしてデバッグを選択します。以下のような画面になって停止するかと思います。

0011

ここで、メニュー → デバッグ → 実行 を選択します。

そうすると、ボード上のLEDが、赤と青で、点滅するかと思いますが、いかがでしょうか。blinkyというプロジェクトもあり、こちらは、緑のLEDが細かく点滅するようです。(長く見ない方が良さそうな点滅です。)

ここでは、ソースプログラムの処理はひとまず置いておいて、こういった流れでデバッグするのかということにします。当然、ボードに何か接続する場合は、回路がつながっていないとデバッグも出来ないです。

今回はここまでです。次回は、メーカ提供の資料についてです。

 - Tiva C, 使ってみた

AdSense

AdSense

  関連記事

no image
Microsoft AzureでASP.NETサイトを公開してみる(その3)Visual Studio EEからの公開

Microsoft AzureでASP.NETサイトを公開してみるの3回目です。 …

no image
Microsoft AzureでASP.NETサイトを公開してみる(その1)概要と開発環境

Microsoft Azureのサイト上で、ローカル環境で開発したASP.NET …

3Dプリンターを使ってみた(その6)熱溶解積層法での出力処理について

3Dプリンターを使ってみたの6回目です。前回はAutodesk 123D Cre …

Raspberry Piをモニターとキーボードなしで導入する(その2)初期設定とリモートデスクトップ

(※2017/02/19 最新のRaspbian Jessie OSでは、初期状 …

Tiva C EK-TM4C123GXL(その1)起動確認まで

Tiva C EK-TM4C123GXLというマイコン評価ボードを使ってみました …

no image
Tiva C EK-TM4C123GXL(その5)EWARMでTiva C 用プロジェクト作成

Tiva C EK-TM4C123GXLを使ってみるの5回目です。前回は、メーカ …

Raspberry PiでAC100V(ソリッド・ステート・リレー)制御

Raspberry PiでAC100VのON/OFF制御を試してみました。今回そ …

Raspberry Piをモニターとキーボードなしで導入する(その3)コンソールを使う

(※2017/02/19 最新の情報は以下です。) Raspberry Pi 3 …

no image
Microsoft AzureでSQL DBを使ってみる(その2)Azureでの公開

前回の続きです。Microsoft Azure(以下、Azureと表記します。) …

no image
Tiva C EK-TM4C123GXL(その9) UART通信

Tiva C EK-TM4C123GXLを使ってみるの9回目です。前回は、タイマ …