株式会社インデペンデンスシステムズ横浜

システム開発エンジニアの西田五郎が運営しております。Raspberry Pi や Arduino その他新規開発案件のご依頼をお待ちしております。

Tiva C 使ってみた

Tiva C EK-TM4C123GXL(その4)workbookを使う

投稿日:2014年3月10日 更新日:

Tiva C EK-TM4C123GXLを使ってみるの4回目です。
前回までで、EWARM(ARM用 IAR Embedded Workbench)を使ってデバッグをする手順を確認しました。

それでは、実際に何を見ながらサンプルプログラムを読んだり、自分で作ったりするのかということですが、今回は、TivaWare for C Series Softwareを使うので、メーカのサイトが一番かと思います。

具体的には以下のサイトです。
Getting Started with the TIVA™ C Series TM4C123G LaunchPad

はい、英語です。Texas Instruments社のサイトです。もちろん、私がこの評価ボードを使うきっかけになった、インターフェース2013年6月号もありますが、この時とはシリーズ名が変わっているので、そのままプログラムが動くかどうかは分かりません。また、どうしても、ページ数の都合等あると思うのですが、基本的な説明もありますが、いきなり応用という展開にも私には思えました。もちろん、合わせて読むにはいいと思います。

また、ARMというカテゴリでは他にいろいろな書籍もあるかと思いますが、今回はこのメーカのサイトが一番いいと思いました。特に、The workbook というPDFファイルを見ながら試すのがいいと思いました。
上のページの下の方の、Workshop MaterialのThe workbookです。
直接のPDFファイルへのリンクは、The workbook PDF です。

あと、動画等もありますので、英語の聞き取りが得意な方は、こちらも参考になるかもしれないです。ということで、このPDFファイルを見ながら、私もプログラムを書いてみました。そのあたりは、次回以降で書きます。

まず次回は、プロジェクト作成方法についてです。

tivac

AdSense

AdSense

-Tiva C, 使ってみた

執筆者:

関連記事

no image

Tiva C EK-TM4C123GXL(その7) ボード上のスイッチを使う

Tiva C EK-TM4C123GXLを使ってみるの7回目です。 前回の続きでGPIOの利用ですが、ボード上のスイッチを使ってみます。 以下のメーカのサイトを見ながらプログラムを作っていきます。 G …

3Dプリンターを使ってみた(その4)Autodesk 123D Creatureで仕上げ

3Dプリンターを使ってみたの4回目です。前回は、Autodesk 123D Creature(ここからは、123D Creatureと書きます。)でモデルの骨格を作るところまで書きました。今回は引き続 …

3Dプリンターを使ってみた(その1)今までやったこと

3Dプリンターとは3Dデータを元にして樹脂類や石膏等の材質から3Dの形状を出力する機械です。代表的な造形方法に熱溶解積層法というのがあり、熱に溶ける樹脂を層にして重ねていく方法で立体を作り上げていきま …

no image

Tiva C EK-TM4C123GXL(その2)開発環境

Tiva C EK-TM4C123GXLを使ってみるの2回目です。 前回は起動確認まででした。今回は開発環境についてです。 以下の開発環境を使っています。 統合開発環境 ARM用 IAR Embedd …

no image

Tiva C EK-TM4C123GXL(その6) Initialization と GPIO

Tiva C EK-TM4C123GXLを使ってみるの6回目です。やっと今回から本題のプログラミングです。 前回まででEWARMでTiva C用の新規プロジェクトが作成出来たとしてそのプロジェクトでプ …