株式会社インデペンデンスシステムズ横浜

システム開発エンジニアの西田五郎が運営しております。Raspberry Pi や Arduino その他新規開発案件のご依頼をお待ちしております。

Tiva C 使ってみた

Tiva C EK-TM4C123GXL(その5)EWARMでTiva C 用プロジェクト作成

投稿日:2014年3月18日 更新日:

Tiva C EK-TM4C123GXLを使ってみるの5回目です。前回は、メーカ提供のWorkbook等についてでした。

なかなか本題のプログラム開発へ進めないですが、今回は、EWARMでTiva C用の新規プロジェクトを作成する方法を確認します。ドキュメントは以下です。

現在、以下のページの、More Literature (7)の項にあります。
Tiva™ C Series LaunchPad Evaluation Kit
文書直接へのリンクは以下です。
Tiva™ C Series Development and Evaluation Kits for IAR Embedded Workbench

このドキュメントを見ながら、Tiva C用の新規プロジェクトを作成しました。以下その方法です。PDFの文書と合わせて見て頂ければと思います。ドキュメントの方は開発環境も英語版です。
作成したプロジェクトのファイルはこちらです

新規プロジェクトの作成
メニュー → プロジェクト → 新規プロジェクトの作成
0002

ここで、C → mainを選択します。プロジェクト名を入力して作成します。
0001

Tiva C EK-TM4C123GXL(その3)EWARMでビルド確認で確認したproject0または他のプロジェクトにあるstartup_ewarm.cを新規プロジェクトのフォルダへコピーします。

メニュー → プロジェクト → ファイルの追加 でこのファイルをプロジェクトへ追加します。
0003

0005

ターゲットボードを設定します。メニュー → プロジェクト → オプションでオプションを表示します。
一般オプション → Target で以下を選択します。
0004

PDFの文書のFiguare 10は古いシリーズのデバイスになったままのようです。気を付けてください。

コンパイルの情報を設定します。以下は例です。ディレクトリは各自のインストール先のディレクトリを設定して下さい。
0009

リンクの情報を設定します。以下は例です。各自のインストール先のファイルdriverlib.aを指定して下さい。
0015

デバッガの情報を設定します。
0005

0007

以上のデバッガの設定で、メニューにTI Stellaris(L)のメニューが表示されたかと思います。

ここまでで、一通りプロジェクトの設定が完了です。これですと、main.cが何もないので、試しに、project0 のmain.cをそのままコピーしてメイク、デバッグを確認してみればいいかと思います。

今回はここまでです。次回は、やっとLチカを作ってみます。

AdSense

AdSense

-Tiva C, 使ってみた

執筆者:

関連記事

no image

Tiva C EK-TM4C123GXL(その2)開発環境

Tiva C EK-TM4C123GXLを使ってみるの2回目です。 前回は起動確認まででした。今回は開発環境についてです。 以下の開発環境を使っています。 統合開発環境 ARM用 IAR Embedd …

no image

Tiva C EK-TM4C123GXL(その11) ADコンバータ

Tiva C EK-TM4C123GXLを使ってみるの11回目です。前回は、UART通信でのデバッグでしたが、今回は、ADコンバータを使ってみます。 以下のメーカのサイトを見ながらプログラムを作ってい …

Raspberry Piをモニターとキーボードなしで導入する(その1)SSHでのログインまで

Raspberry Piをモニターとキーボードなしで導入する方法についてです。 (※2021/05/02追記 現時点で最新版のRaspberry PI OSでモニターとキーボードなしで導入する手順を書 …

3Dプリンターを使ってみた(その6)熱溶解積層法での出力処理について

3Dプリンターを使ってみたの6回目です。前回はAutodesk 123D Creatureで作成したモデルからSTLファイルを作成する方法について書きました。今回はやっと実際に3Dプリンターでの出力に …

3Dプリンターを使ってみた(その2)AutoDesk 123D Creature導入

3Dプリンターを使ってみたの2回目です。前回は私が3Dプリンターに関して今までやってきたことを書きました。今回は3Dプリンターでモデルを作る際に使った Autodesk 123D Creature(こ …