株式会社インデペンデンスシステムズ横浜

システム開発エンジニアの西田五郎が運営しております。Raspberry Pi や Arduino その他新規開発案件のご依頼をお待ちしております。

Raspberry Pi

Raspberry Piでタッチアプリ開発(その4)ボタンとGPIOの連動

投稿日:2017年5月18日 更新日:

Raspberry Piでタッチアプリ開発の4回目です。前回作成したレイアウトとボタンのコールバックにGPIOの処理を組み込みます。そして、このアプリを自動起動するように設定します。

(※2021/05/24 追記 現時点でのKivy2.0.0の導入について以下に投稿しました。ぜひこちらを参照して下さい。
Raspberry PiでKivy2.0.0を導入する
2021/05/24 追記ここまで)

今回のシリーズ一覧です。
Raspberry Piでタッチアプリ開発(その1)ハードウェア構成・開発環境等
Raspberry Piでタッチアプリ開発(その2)Kivyの導入と動作確認
Raspberry Piでタッチアプリ開発(その3)Kivyでレイアウト・ボタン作成
Raspberry Piでタッチアプリ開発(その4)ボタンとGPIOの連動

以下の順番に書きます。
1.プログラムへのGPIO制御の追加
2.リレーとライトの接続
3.ライト点灯のテスト
4.自動ログインの確認
5.アプリの自動起動の設定

1.プログラムへのGPIO制御の追加
プログラムに以下のようにGPIOの処理を追加しました。

# -*- coding: utf-8 -*-

from kivy.app import App
from kivy.uix.widget import Widget

import RPi.GPIO as GPIO
import time

class BtnWidget(Widget):

    def on(self):
        print('on!')
        self.ids['btnOn'].background_color = 0.95, 0.30, 0.15, 1.0

        GPIO.output(21, 1)

    def off(self):
        print('off!')
        self.ids['btnOn'].background_color = 1, 0, 0, 0.4

        GPIO.output(21, 0)

class GpioApp(App):

    def build(self):
        return BtnWidget()

if __name__ == '__main__':
    GPIO.setmode(GPIO.BCM)
    GPIO.setup(21, GPIO.OUT)

    GpioApp().run()

GPIOの21番を出力に設定してon()とoff()で切り替えています。
(※実際にはGPIO.cleanup()を使用するべきですが、テストということでご了承下さい。)

2.リレーとライトの接続
何回か使っていますが、リレー関連は以下で書いたものを利用しました。ライトは家電量販店で買った普通のクリップ型のライトです。
Raspberry PiでAC100V(ソリッド・ステート・リレー)制御

混乱していますが、ディスプレイはタッチパネルとHDMIがRaspberry Piと接続されています。(※実務的なアプリを開発したとして、公式ディスプレイとケース類を工夫してリレーもケースに収納すれば実稼働も出来ると思います。もちろんRaspberry Pi側にも実務のための対応が必要な部分はあると思いますが。)

リレーの部分が以下です。

3.ライト点灯のテスト
接続出来ている状態でオンとオフを操作します。

以下はアニメGIFですが、クリックで再生します。(※再生まで少し時間がかかる場合もあると思います。)

4.自動ログインの確認
Rasbian Jessieでの自動ログインの確認ですが、今現在のRasbian Jessieでは、GUIには自動ログインになっていると思います。なっていなければ以下で設定出来ます。

GUIの場合は、設定 → Raspberry Piの設定から設定出来ます。


「piユーザとしてログインする」をチェックします。

設定ファイルの場合
/etc/lightdm 配下のlightdm.confファイルを編集します。

autologin-user=piを有効にします。

以上で自動ログインが出来ると思います。

5.アプリの自動起動の設定
piユーザという前提で、/home/pi/.config/lxsession/LXDE-pi 配下のautostartファイルに起動するプログラムを記述します。以下は例です。

これで私の環境では自動起動が確認出来ました。

今回はここまでです。このシリーズも今回で終了です。また書きたいと思います。


AdSense

AdSense

-Raspberry Pi

執筆者:

関連記事

レーザーカッターでセンサーのケースを作ってみた

前回のセンサー(温湿度センサーBME280)のケースをレーザーカッターで作ってみました。もちろん3Dプリンターで作る方法もあると思いますが単純なボックス型ならレーザーカッターの方が加工時間が短いと思っ …

感染症対策のためのIoT技術(その4)WebRTCを利用したリモート関連システム

感染症対策のためのIoT技術について書いています。今回はWebRTC(Web Real-Time Communication)を利用したリモート関連システムについてです。リモート関連システムとは具体的 …

Raspberry Piをモニターとキーボードなしで導入する(2021年5月版 その1)全体概要からSDカードの作成まで

今現在(2021年5月)の方法でRaspberry Piをモニターとキーボードなしで導入してみます。このモニターとキーボードなしの状態はヘッドレスという表現もあるようですのでここからはこの状態をヘッド …

Raspberry PiでIoT(温度・湿度・気圧データ編 その4)アラートメール送信

Raspberry PiでIoT 温度・湿度・気圧データ編の4回目です。前回までで、Raspberry Piから温度、湿度、気圧データをWebサーバへ送信してそのデータを蓄積、表示出来るようになりまし …

Raspberry Piでセンサネットワーク稼働試験(AWS SORACOM編)構成・課題等

Raspberry Piでセンサネットワークを構築して実際に稼働してみます。今回は、AWS SORACOM編として通信モジュールにSORACOMの3G対応データ通信端末 AK-020を使用してAWSに …