株式会社インデペンデンスシステムズ横浜

システム開発エンジニアの西田五郎が運営しております。新規開発案件のご依頼をお待ちしております。

*

Raspberry Piでタッチアプリ開発(その4)ボタンとGPIOの連動

      2017/05/24

Raspberry Piでタッチアプリ開発の4回目です。前回作成したレイアウトとボタンのコールバックにGPIOの処理を組み込みます。そして、このアプリを自動起動するように設定します。

今回のシリーズ一覧です。
Raspberry Piでタッチアプリ開発(その1)ハードウェア構成・開発環境等
Raspberry Piでタッチアプリ開発(その2)Kivyの導入と動作確認
Raspberry Piでタッチアプリ開発(その3)Kivyでレイアウト・ボタン作成
Raspberry Piでタッチアプリ開発(その4)ボタンとGPIOの連動

以下の順番に書きます。
1.プログラムへのGPIO制御の追加
2.リレーとライトの接続
3.ライト点灯のテスト
4.自動ログインの確認
5.アプリの自動起動の設定

1.プログラムへのGPIO制御の追加
プログラムに以下のようにGPIOの処理を追加しました。

# -*- coding: utf-8 -*-

from kivy.app import App
from kivy.uix.widget import Widget

import RPi.GPIO as GPIO
import time

class BtnWidget(Widget):

    def on(self):
        print('on!')
        self.ids['btnOn'].background_color = 0.95, 0.30, 0.15, 1.0

        GPIO.output(21, 1)

    def off(self):
        print('off!')
        self.ids['btnOn'].background_color = 1, 0, 0, 0.4

        GPIO.output(21, 0)

class GpioApp(App):

    def build(self):
        return BtnWidget()

if __name__ == '__main__':
    GPIO.setmode(GPIO.BCM)
    GPIO.setup(21, GPIO.OUT)

    GpioApp().run()

GPIOの21番を出力に設定してon()とoff()で切り替えています。
(※実際にはGPIO.cleanup()を使用するべきですが、テストということでご了承下さい。)

2.リレーとライトの接続
何回か使っていますが、リレー関連は以下で書いたものを利用しました。ライトは家電量販店で買った普通のクリップ型のライトです。
Raspberry PiでAC100V(ソリッド・ステート・リレー)制御

混乱していますが、ディスプレイはタッチパネルとHDMIがRaspberry Piと接続されています。(※実務的なアプリを開発したとして、公式ディスプレイとケース類を工夫してリレーもケースに収納すれば実稼働も出来ると思います。もちろんRaspberry Pi側にも実務のための対応が必要な部分はあると思いますが。)

リレーの部分が以下です。

3.ライト点灯のテスト
接続出来ている状態でオンとオフを操作します。

以下はアニメGIFですが、クリックで再生します。(※再生まで少し時間がかかる場合もあると思います。)

4.自動ログインの確認
Rasbian Jessieでの自動ログインの確認ですが、今現在のRasbian Jessieでは、GUIには自動ログインになっていると思います。なっていなければ以下で設定出来ます。

GUIの場合は、設定 → Raspberry Piの設定から設定出来ます。


「piユーザとしてログインする」をチェックします。

設定ファイルの場合
/etc/lightdm 配下のlightdm.confファイルを編集します。

autologin-user=piを有効にします。

以上で自動ログインが出来ると思います。

5.アプリの自動起動の設定
piユーザという前提で、/home/pi/.config/lxsession/LXDE-pi 配下のautostartファイルに起動するプログラムを記述します。以下は例です。

これで私の環境では自動起動が確認出来ました。

今回はここまでです。このシリーズも今回で終了です。また書きたいと思います。




 - Raspberry Pi

AdSense

AdSense

  関連記事

Raspberry PiでのNode.jsの導入(その1)インストールと動作確認

Node.jsとは、Node.js 日本ユーザグループのサイトから引用させて頂き …

Raspberry PiでIoT(MQTTで遠隔操作編 その4)Raspberry PiのGPIOとHeroku連動Pub編

Raspberry PiでIoT MQTTで遠隔操作編の4回目です。2台のRas …

Raspberry PiでIoT(MQTTで遠隔操作編 その2)MQTT Brokerの構築とPythonでのpub/sub

Raspberry PiでIoT MQTTで遠隔操作編の2回目です。2台のRas …

温度センサADT7410(その1)i2C通信とは

温度センサのADT7410を使ってみます。ADT7410はアナログ・デバイセズ社 …

Raspberry PiでAC100V(ソリッド・ステート・リレー)制御

Raspberry PiでAC100VのON/OFF制御を試してみました。今回そ …

Raspberry Piでタッチアプリ開発(その3)Kivyでレイアウト・ボタン作成

Raspberry Piでタッチアプリ開発の3回目です。前回はKivyの導入につ …

Raspberry PiでIoT(温度・湿度・気圧データ編 その1)BME280でデータ取得

Raspberry PiでIoTに取り組んでみるという内容で実際に動作させながら …

Raspberry PiでIoT(温度・湿度・気圧データ編 その2)Webサーバ側構築とデータ送信

Raspberry PiでIoT 温度・湿度・気圧データ編の2回目です。前回はR …

Raspberry Piでタッチアプリ開発(その2)Kivyの導入と動作確認

Raspberry Piでタッチアプリ開発の2回目です。前回はハードウェア構成や …

Raspberry Piでも温度センサADT7310をつかってみる

以下の記事でArduino Unoで温度センサのADT7310を使ってみました。 …