株式会社インデペンデンスシステムズ横浜

システム開発エンジニアの西田五郎が運営しております。Raspberry Pi や Arduino その他新規開発案件のご依頼をお待ちしております。

IoT Raspberry Pi

Raspberry PiでIoT(温度・湿度・気圧データ編 その4)アラートメール送信

投稿日:2017年4月2日 更新日:

Raspberry PiでIoT 温度・湿度・気圧データ編の4回目です。前回までで、Raspberry Piから温度、湿度、気圧データをWebサーバへ送信してそのデータを蓄積、表示出来るようになりました。今回はWebサーバ側にアラートメール送信機能を実装してみます。温度が決まった値以上になると決まったメールアドレスにアラートメールを送信します。

以下が、Raspberry PiでIoT(温度・湿度・気圧データ編)の記事一覧です。
Raspberry PiでIoT(温度・湿度・気圧データ編 その1)BME280でデータ取得
Raspberry PiでIoT(温度・湿度・気圧データ編 その2)Webサーバ側構築とデータ送信
Raspberry PiでIoT(温度・湿度・気圧データ編 その3)データ表示とグラフ表示”
Raspberry PiでIoT(温度・湿度・気圧データ編 その4)アラートメール送信

今回の作業手順は以下です。
1.Webサーバ側のPHPプログラム機能追加
2.Raspberry Piからテストデータ送信とメール受信チェック

1.Webサーバ側のPHPプログラム機能追加
センサーデータ登録のプログラムにアラートメールの機能を追加します。ここでは、40.0度以上になるとメールを送信します。PHPのファイルはUTF-8で保存して下さい。そうしないと文字化けします。

<?php

$pdo = new PDO('mysql:host=localhost;dbname=dbname;charset=utf8','tblname','password');

switch ($_SERVER['REQUEST_METHOD']) {
	case 'GET':
		$st = $pdo->query("SELECT * FROM sensorvalues order by datetime desc");
  		echo json_encode($st->fetchAll(PDO::FETCH_ASSOC));
		break;
		
	case 'POST':
		$in = json_decode(file_get_contents('php://input'), true);
  		if (!isset($in['id']))
  		{
                    //40.0度をチェック
  			if($in['temp'] >= 40.0)
  			{
  				mb_language("Japanese");
				mb_internal_encoding("UTF-8");

				$to      = 'to@todomain.com';
				$subject = 'アラートメッセージ';
				$message = '高温状態です。';
				$headers = 'From: from@fromdomain.ccom' . "\r\n";

				mb_send_mail($to, $subject, $message, $headers);
  			}
  		
    		$st = $pdo->prepare("INSERT INTO sensorvalues(datetime,temp,hum,press) VALUES(:datetime,:temp,:hum,:press)");
  		}
  		$st->execute($in);
  		echo json_encode("normal end"); 		
  		break;
}
?>

2.Raspberry Piからテストデータ送信とメール受信チェック
実際に40度の状態にするのは難しいので、テストメインでセンサーデータを送信します。以下はセンサーデータ送信プログラムですが、ここのメインを使います。温度に41.0を指定しています。

import requests
import json

from datetime import datetime

def uploadSensorValues(temp, hum, press):

    url = 'http://domain.com/subsub/sensvalues.php'

    sensorsdata = {'datetime':datetime.now().strftime("%Y/%m/%d %H:%M:%S"),'temp':temp,'hum':hum,'press':press}

    print json.dumps(sensorsdata)

    headers = {'content-type': 'application/json'}

    res = requests.post(url, data=json.dumps(sensorsdata), headers=headers, verify=False)

    print res.json()
    pass

def main():

    uploadSensorValues(41.0, 39.1, 1020)

if __name__ == '__main__':
    main()

以下で実行します。
$ sudo python web.py

これでテストしたところ、メールの受信が確認出来ました。

今回で、Raspberry PiでIoT(温度・湿度・気圧データ編)は終了です。またIoT関連で実際に動作させてみる内容でいろいろと書いてみたいと思います。

AdSense

AdSense

-IoT, Raspberry Pi

執筆者:

関連記事

感染症対策のためのIoT技術(その2)非接触温度センサーをインターネットへ接続する

前回の続きです。前回は非接触温度センサーでの体温測定について書きました。今回はその非接触温度センサーをインターネットへ接続してクラウドに体温データを蓄積して可視化すという内容で書きます。その上で実務的 …

温度センサADT7410(その3)Raspbery Piでの利用

温度センサADT7410の3回目です。前回までの内容は以下です。 温度センサADT7410(その1)I2C通信とは 温度センサADT7410(その2)Arduinoでの利用 ADT7410は以下を使っ …

Raspberry Piでタッチアプリ開発(その3)Kivyでレイアウト・ボタン作成

Raspberry Piでタッチアプリ開発の3回目です。前回はKivyの導入について書きました。今回は具体的なレイアウトとボタンを配置してみます。以下のレイアウトについて順番に書きます。Kivyでのレ …

感染症対策のためのIoT技術(その3)超音波距離センサーでの距離測定

感染症対策のためのIoT技術について書いています。今回は超音波距離センサーでの距離測定についてです。 新型コロナウイルスによる感染症の対策が始まってから意識する必要が出てきたソーシャルディスタンスとい …

Raspberry Piをモニターとキーボードなしで導入する(2021年5月版 その1)全体概要からSDカードの作成まで

今現在(2021年5月)の方法でRaspberry Piをモニターとキーボードなしで導入してみます。このモニターとキーボードなしの状態はヘッドレスという表現もあるようですのでここからはこの状態をヘッド …