株式会社インデペンデンスシステムズ横浜

システム開発エンジニアの西田五郎が運営しております。Raspberry Pi や Arduino その他新規開発案件のご依頼をお待ちしております。

Raspberry Pi

Raspberry Pi 3でモニタとキーボードなしで設定する方法

投稿日:2017年2月20日 更新日:

Raspberry Pi 3でモニタとキーボードなしで設定する方法についてです。

以下のような条件ごとに方法を確認しました。あちらこちらで書いてしまったのでここで整理させてください。当然環境によって違いますので全ての環境で出来るとは限りませんのでご了承いただければと思います。

1. コンソールケーブルが使える場合
以下のページで書きました。コンソールケーブルが使えれば初期設定もネットワーク設定もコマンドで可能です。
Raspberry Pi 3でのコンソールケーブル利用と初期設定
Raspberry Pi 3ではwifiがデフォルトで利用出来るので、wifiの設定をして初期設定からSSHを有効にすればSSHでコマンド操作が可能です。

2. 有線LAN環境が使える場合
この場合は、まず以下のようにSDカード上にsshというフォルダを作成します。以下はWindows環境で、Win32DiskImagerで作成した例です。

これで、SSHが利用出来るようになります。これは以下のリリースノートによるものです。
http://downloads.raspberrypi.org/raspbian/release_notes.txt

2016-11-25:
* SSH disabled by default; can be enabled by creating a file with name "ssh" in boot partition

これで、有線LAN環境のDHCP環境であれば、IPアドレスが分かればSSHで接続出来ます。最新のraspbianでは、avahiが有効になっているようなので、raspberrypi.localというホスト名でも接続出来る場合があると思います。

一度、SSHで接続出来れば、初期設定も、Wifiの設定も可能です。

以下は関連するページです。
Raspberry Piでwifiに接続する
Raspberry PiでAvahi を使ってホスト名でアクセスする

前提として普通のパソコンのように、モニタとキーボード、マウスを利用するのが一番簡単ですが、それが出来ない場合にはこれらが使える場合があると思います。



AdSense

AdSense

-Raspberry Pi

執筆者:

関連記事

Raspberry Piでセンサネットワーク稼働試験(基本編)構成・課題等

Raspberry Piでセンサネットワークを構築して実際に稼働してみます。基本編としてRaspberry Piにセンサを直接接続する構成です。その構成で安定して稼働させるにはどういった課題があるか書 …

Raspberry PiでIoT(温度・湿度・気圧データ編 その4)アラートメール送信

Raspberry PiでIoT 温度・湿度・気圧データ編の4回目です。前回までで、Raspberry Piから温度、湿度、気圧データをWebサーバへ送信してそのデータを蓄積、表示出来るようになりまし …

Raspberry Piでセンサネットワーク稼働試験(AWS SORACOM編)構成・課題等

Raspberry Piでセンサネットワークを構築して実際に稼働してみます。今回は、AWS SORACOM編として通信モジュールにSORACOMの3G対応データ通信端末 AK-020を使用してAWSに …

Raspberry Piでタッチスクリーン付3.5インチTFTを使ってみた

Raspberry Piでタッチスクリーン付モニタを使ってみました。PiScreenという商品名で3.5インチTFT(480×320) でタッチスクリーン付です。以下の商品です。以下は完成品 …

Raspberry PiでIoT(MQTTで遠隔操作編 その2)MQTT Brokerの構築とPythonでのpub/sub

Raspberry PiでIoT MQTTで遠隔操作編の2回目です。2台のRaspberry Piでインターネット経由でGPIOを操作するというテーマで書いています。前回はMQTTの基本的な内容とMo …