株式会社インデペンデンスシステムズ横浜

システム開発エンジニアの西田五郎が運営しております。Raspberry Pi や Arduino その他新規開発案件のご依頼をお待ちしております。

Raspberry Pi

Raspberry PiでAvahi を使ってホスト名でアクセスする

投稿日:2014年12月25日 更新日:

Raspberry PiでAvahiを使ってホスト名でのアクセスを可能にする方法についてです。ホスト名でのアクセスとは192.168.1.10といったIPアドレスではなく、raspberrypi.localといったホスト名でアクセスするということです。この方法に何のメリットがあるかといいますと、自動でIPアドレスが割り当てられる環境においても、動的なIPアドレスではなく常に同じホスト名でアクセスが可能であるということです。SSH、リモートデスクトップ等の接続において常に同じホスト名が使えます。

決まった手順通りに作業をすれば設定出来るのですが、Avahiがどういったものか関連する項目と共に簡単にですが以下に整理してみます。詳細が必要な場合はページ最後の関連リンク等を参照して下さい。

・Zeroconf – IETF標準でホスト名の指定のみで該当の機器にアクセス出来る技術、仕様
・Avahi – Zeroconf仕様のLinux向けのフリーソフトウェア実装
・Bonjour – AppleのZeroconf仕様のソフトウェア実装

つまり、Zeroconfという標準仕様があって、LinuxではAvahiを利用して、macOSではBonjourを利用すれば、今回の目的であるホスト名でのアクセスが可能になるということです。それでは、Windowsではということですが、Windows版のBonjourがあるのでこれが利用出来ます。

以上を踏まえて、Raspberry Piに主にWindowsからアクセスするための作業の手順です。

Raspberry Piのホスト名の設定
まず、ホスト名はhostnameコマンドで確認出来ます。現状のホスト名で問題なければそのままでいいです。ホスト名を変えたい場合は以下のファイル編集します。
/etc/hostname
/etc/hosts
いずれも初期状態では、raspberrypiになっていると思いますので、これを設定したいホスト名に変更して再起動します。

Avahiデーモンのインストール
Raspberry Pi上で以下でインストールします。インストール後に起動され自動起動に設定されるようです。
sudo apt-get install avahi-daemon

以上で、macOSではBonjourがインストールされているので、例えば、myraspiとホスト名を設定したら、macOSからは、myraspi.localでアクセス出来ます。実際にmacOSで確認しました。

WindowsでのBonjourでのインストール
最も簡単な方法は、iTunesをインストールする方法です。同時にBonjourもインストールされて、Windowsのサービスプログラムとして稼働します。Bonjourが稼働している状態であれば、Windowsからも、Raspberry Piのホスト名.localでアクセス出来るはずです。

iTunesをインストールしたくない場合は、iTunesのインストーラを解凍してBonjourのインストーラを探して単独でインストールするという方法があるようですが、私の方で未確認です。

私の方では、iTunesのインストールで、Windows7 ProとWindows8.1 Proで確認出来ました。やはり、IPアドレスを確認してからアクセスするより簡単です。

以下はホスト名をisypibと設定した例です。

pingでの確認です。
0001

TeraTermに以下のように入力して接続出来ました。
0002

リモートデスクトップでも以下のように入力して接続出来ました。
0003

今回はここまでです。

関連リンク
日経Linux Linuxキーワード Zeroconf
TCP/IP環境に革新もたらすZeroConfネットワーク「Bonjour」~概要と仕組等~

以下はAmazonでの関連商品です。




AdSense

AdSense

-Raspberry Pi

執筆者:

関連記事

SkyWayでRaspberry Piの遠隔操作(その1)MQTT over WebSocket

前回までの記事でSkyWayのJavaScriptでの動作確認を行いました。またRaspberry Piでの動作も確認出来ました。そうすると今回はSkyWayを利用してRaspberry Piの遠隔操 …

Raspberry PiでC言語版Lチカを試す(その1)デバイスドライバ利用

Raspberry PiでC言語を使ったLEDの点灯、消灯(いわいるLチカ)を試してみました。やはりGPIOの入出力に関してはこのLチカをやってみないと始まらないというところでしょうか。今回はGPIO …

Raspberry PiでC言語版Lチカを試す(その2)レジスタを操作する

Raspberry PiでC言語を使ったLEDの点灯、消灯(いわいるLチカ)を試してみました。今回は2回目です。前回デバイスドライバを利用する方法を書きました。今回はレジスタを直接操作する方法を使いま …

Raspberry Piでタッチアプリ開発(その1)ハードウェア構成・開発環境等

Raspberry Piで簡単なタッチアプリを開発する手順について書きます。もちろんですがこれからの手順は一例です。他にもいろいろな方法があると思いますので必要な場合は最適と思われる方法を検討して選択 …

レーザーカッターでセンサーのケースを作ってみた

前回のセンサー(温湿度センサーBME280)のケースをレーザーカッターで作ってみました。もちろん3Dプリンターで作る方法もあると思いますが単純なボックス型ならレーザーカッターの方が加工時間が短いと思っ …