株式会社インデペンデンスシステムズ横浜

システム開発エンジニアの西田五郎が運営しております。Raspberry Pi や Arduino その他新規開発案件のご依頼をお待ちしております。

Tiva C 使ってみた

Tiva C EK-TM4C123GXL(その7) ボード上のスイッチを使う

投稿日:2014年3月23日 更新日:

Tiva C EK-TM4C123GXLを使ってみるの7回目です。

前回の続きでGPIOの利用ですが、ボード上のスイッチを使ってみます。

以下のメーカのサイトを見ながらプログラムを作っていきます。
Getting Started with the TIVA™ C Series TM4C123G LaunchPad

更に、このサイトで下の方の、Workshop MaterialのThe workbookを見ながら作ります。
直接のPDFファイルへのリンクは、The workbook PDF です。

このPDFファイルのLab3のプログラムの改造版です。
プロジェクト一式はこちらからダウンロード出来ます。

スイッチの使い方での注意点は以下です。

ボード上のスイッチは、SW1がPF4ピン、SW2がPF0ピンに接続されているので、これらを入力に設定してON/OFFを判定すればいいのですが、ピンの中には、安全のためロックがかかっているピンがあります。PF0ピンもその一つで、28行目からそのロックを解除している処理があります。詳細は、上の文書の3-8ページあたりを参照して下さい。またスイッチは、プルアップに設定しないとON/OFFが判定出来ないようなので、その処理が、36行目にあります。スイッチの使い方は、上の文書の15-15ページにあります。詳細は、こちらを参照して下さい。

ソース全体は、以下です。
一応、毎回書こうと思いますが、TivaWare付属のサンプルプログラム等を見ていると、ROM_ で始まっている関数をよく見かけますが、ROM_ の方は、ROM内蔵版です。こちらを使うとプログラム全体の大きさが小さくなりますが、ここでは特にサイズを気にする程でもないので、普通にリンクして使う、ROM_ が付いていない通常版の関数を使います。

//C99 standardの型を使うため
#include <stdint.h>
#include <stdbool.h>

//ペリフェラルドライバを使うための include ファイル
#include "inc/hw_memmap.h"
#include "inc/hw_types.h"
#include "driverlib/sysctl.h"
#include "driverlib/gpio.h"
#include "inc/hw_gpio.h"

//pinデータ
uint8_t ui8PinData=0;

int main(void)
{
    //システムクロックの設定(これで結果的に40MHz)
    SysCtlClockSet(SYSCTL_SYSDIV_5|SYSCTL_USE_PLL|SYSCTL_XTAL_16MHZ|SYSCTL_OSC_MAIN);
  
    //ポートへのクロック供給(必須)
    SysCtlPeripheralEnable(SYSCTL_PERIPH_GPIOF);
    
    //LEDの出力への方向設定
    GPIOPinTypeGPIOOutput(GPIO_PORTF_BASE, GPIO_PIN_1|GPIO_PIN_2|GPIO_PIN_3);
    
    //スイッチのロックの解除
    HWREG(GPIO_PORTF_BASE + GPIO_O_LOCK) = GPIO_LOCK_KEY;
    HWREG(GPIO_PORTF_BASE + GPIO_O_CR) |= 0x01;
    HWREG(GPIO_PORTF_BASE + GPIO_O_LOCK) = 0;
    
    //スイッチの入力への設定
    GPIOPinTypeGPIOInput(GPIO_PORTF_BASE, GPIO_PIN_4|GPIO_PIN_0);
    
    //(weak)プルアップの設定
    GPIOPadConfigSet(GPIO_PORTF_BASE, GPIO_PIN_4|GPIO_PIN_0, GPIO_STRENGTH_2MA, GPIO_PIN_TYPE_STD_WPU);

    //メインループ
    while(1)
    {
        //両方のSWが押されている場合
        if( GPIOPinRead(GPIO_PORTF_BASE,GPIO_PIN_0)==0x00 && GPIOPinRead(GPIO_PORTF_BASE,GPIO_PIN_4)==0x00)
        {
            ui8PinData=2; //赤点灯
        }
        //SW1が押されている場合
        else if(GPIOPinRead(GPIO_PORTF_BASE,GPIO_PIN_4)==0x00)
        {
            ui8PinData=4; //青点灯
        }
        //SW2が押されている場合
        else if(GPIOPinRead(GPIO_PORTF_BASE,GPIO_PIN_0)==0x00)
        {
            ui8PinData=8; //緑点灯
        }
        //どちらのSWも押されていない場合
        else
        {
            ui8PinData=0; //消灯
        }
        
        //LEDへ出力
        GPIOPinWrite(GPIO_PORTF_BASE, GPIO_PIN_1| GPIO_PIN_2| GPIO_PIN_3, ui8PinData);
        SysCtlDelay(2000000);
    }    
}

tivac

上のソースのコメントにありますが、SW1(画像左下のスイッチ)が押されている間は、青が点灯して、SW2(画像右下のスイッチ)が押されている間は、緑が点灯します。両方押されている間は、赤が点灯します。

今回は、ここまでです。次回は、タイマと割り込みについてです。

AdSense

AdSense

-Tiva C, 使ってみた

執筆者:

関連記事

no image

Tiva C EK-TM4C123GXL(その11) ADコンバータ

Tiva C EK-TM4C123GXLを使ってみるの11回目です。前回は、UART通信でのデバッグでしたが、今回は、ADコンバータを使ってみます。 以下のメーカのサイトを見ながらプログラムを作ってい …

Raspberry PiでAC100V(ソリッド・ステート・リレー)制御

Raspberry PiでAC100VのON/OFF制御を試してみました。今回そのために以下のソリッド・ステート・リレーキットを利用しました。この製品を選んだ理由としては「扱いが簡単」かなと思ったから …

no image

Tiva C EK-TM4C123GXL(その4)workbookを使う

Tiva C EK-TM4C123GXLを使ってみるの4回目です。 前回までで、EWARM(ARM用 IAR Embedded Workbench)を使ってデバッグをする手順を確認しました。 それでは …

3Dプリンターを使ってみた(その5)Autodesk 123D CreatureでSTLファイルの生成

3Dプリンターを使ってみたの5回目です。前回は、Autodesk 123D Creature(ここからは、123D Creatureと書きます。)でモデルを仕上げる方法について書きました。今回は作成し …

3Dプリンターを使ってみた(その2)AutoDesk 123D Creature導入

3Dプリンターを使ってみたの2回目です。前回は私が3Dプリンターに関して今までやってきたことを書きました。今回は3Dプリンターでモデルを作る際に使った Autodesk 123D Creature(こ …