株式会社インデペンデンスシステムズ横浜

システム開発エンジニアの西田五郎が運営しております。Raspberry Pi や Arduino その他新規開発案件のご依頼をお待ちしております。

OpenCV

Visual Studio Community 2013のVisual C++でOpenCVを使う

投稿日:

Visual Studio Community 2013のVisual C++でOpenCVを使う方法についてです。Visual Studio Community 2013については前回書きましたが、制限があるもののVisual Studio Professional と同等機能が無償で使える開発ツールです。このVisual Studio Community 2013のVisual C++でOpenCVを使います。

以下のページでVisual Studio Express 2013 for Windows DesktopでNuGetを使う方法を書きましたが、同じように出来ます。
NuGetでOpenCVを導入する

それではVisual Studio Community 2013を使うメリットは何かといいますと、ダイアログエディタが使えるということとMFCが使えるということです。今まで以下のページで書いたようなプログラムをベースにOpenCVのプログラムを書きましたが、ダイアログ(画面)の編集の際に別のバージョンのVisual Studioを使ったり、テキストベースで編集したりしました。これが、Visual Studio Community 2013では普通に画面で編集出来ます。
OpenCVをWin32ベースで利用する(その5)GUIコントロールの追加

また、MFCを使ったことがある開発エンジニアの方であれば、Win32ベースのダイアログよりMFCベースのダイアログアプリの方が使いやすい場合もあるかと思います。但し、以下のページでも書きましたが、今からWin32やMFCを本格的に習得するというのはあまりお勧めはしないです。
OpenCVをWin32ベースで利用する(その1)ダイアログベースアプリ

それでは、ここではVisual Studio Community 2013でNuGetでのOpenCVの導入とダイアログエディタだけ確認します。まずNuGetです。以下のように、ツール → NuGetパッケージマネージャ → ソリューションのNuGetパッケージの管理で画面を開きます。
WS000005

以下のように、OpenCVで検索して表示されたOpenCVをインストールします。今現在、OpenCVの2.4.10がインストール出来ます。
WS000007

WS000008

以上でOpenCVが使えるようになります。次にダイアログエディタです。以下と同様のプログラムをVisual Studio Community 2013で作成しました。
OpenCVをWin32ベースで利用する(その5)GUIコントロールの追加

以下のようにダイアログエディタが使えます。
0005

今回のVisual Studio Community 2013で作成した上記のプログラムは以下からダウンロード出来ます。OpenCVは含まれていませんのでもし必要な場合は、上記のようにNuGetで導入するか独自に導入して下さい。(※用途に関わらずご利用頂いて構いませんが一切無保証です。ご了承下さい。)
今回のプロジェクト一式

今回はここまでです。引き続き、Visual Studio Community 2013とOpenCVは使っていきたいと思います。

AdSense

AdSense

-OpenCV

執筆者:

関連記事

OpenCVをWin32ベースで利用する(その2)OpenCVの組み込み

OpenCVをWin32ベースで利用するの2回目です。前回はベースになるダイアログベースのアプリケーションを作成しました。今回はこのアプリケーションにOpenCVを組み込んで実際に動かしてみます。 ( …

Tesseract-OCRの導入(その3)OpenCVの出力を認識する

2019/07/20追記 この記事を書いてから随分と経過しました。完全に情報が古くなっています。外部のサイトですが必要な場合は以下等を参照して下さい。 PythonとTesseract OCRで文字認 …

OpenCVでのORBによる特徴点抽出とマッチング(その2)GUIの利用

OpenCVでのORBアルゴリズムによる特徴点抽出とマッチングの処理についての2回目です。前回はVisual Studio Community 2013のVisual C++コンソールアプリでORBに …

OpenCVで背景差分とテスト的な動体検知

OpenCVで背景差分を試してみました。あとテスト的な動体検知も試してみました。背景差分とはあらかじめ取得した画像を背景画像として、観測時点の画像とその背景画像との差分を取ることによりその差分を前景領 …

OpenCVをWin32ベースで利用する(その3)カメラ入力からの画像処理

OpenCVをWin32ベースで利用するの3回目です。前回は画像ファイルを入力にしてその画像に対してOpenCVで画像処理を行うというプログラムでした。今回は大きくは変わらないですが、カメラからの画像 …