株式会社インデペンデンスシステムズ横浜

システム開発エンジニアの西田五郎が運営しております。Raspberry Pi や Arduino その他新規開発案件のご依頼をお待ちしております。

Android Arduino 通信制御

AndroidでUSBシリアル通信(その2)ライブラリサンプルのArduinoスケッチ

投稿日:2014年4月30日 更新日:

IMG_0846AndroidでUSBシリアル通信の2回目です。前回はハードウェア構成、ソフトウェア構成等全体的な内容について書きました。今回はAndroidの通信相手となるArduinoのスケッチの動作確認を行ってみます。
とりえず通信が確認出来れば内容は何でもいいのですが、今回使用する以下のライブラリに付属しているスケッチを使ってみました。

usb-serial-for-android

(※2021年1月10日追記 現時点での最新版のライブラリについては以下で書きました。
AndroidでUSBシリアル通信(2021/01/09版)ライブラリ最新版での動作確認
2021年1月10日追記ここまで)

今現在ライブラリ全体は上記ページの右下部分のDownload Zipのリンクからダウンロード可能です。以下の赤枠です。
0001

このzipファイルを展開すると現時点で以下のファイル構成になります。
0004

この中の、arduinoフォルダにスケッチがあります。これをとりえず動作させてみます。ArduinoのIDEは既に導入済みとして進めます。(※以下からダウンロード可能です。)
Download the Arduino Software

arduinoフォルダのsketch_apr21aフォルダのスケッチファイル、sketch_apr21a.ino をAdruino IDEから開きます。
0005

Arduinoを接続してスケッチを書き込みます。
0006

0007

問題なく書き込みが完了すれば、Arduino IDEのツールメニューからシリアルモニタを起動します。

WS000008

右下のドロップダウンリストで通信速度を115200に設定します。そうしますと、以下のようにArduinoからの送信が確認出来ると思います。

0008

最終的にはこれをAndroidで受信して表示させるのが目標です。Android側も上記のライブラリのデバイスドライバとサンプルプログラムを使います。次回はその詳細についてです。

AdSense

AdSense

-Android, Arduino, 通信制御
-

執筆者:

関連記事

Arduino CC3000 WiFi シールドでHTTP POST

Arduino CC3000 WiFi シールドでHTTP POST通信を試してみます。以下はArduino UNOに接続した状態です。 Arduino CC3000 WiFi シールドの概要、導入に …

感染症対策のためのIoT技術(その2)非接触温度センサーをインターネットへ接続する

前回の続きです。前回は非接触温度センサーでの体温測定について書きました。今回はその非接触温度センサーをインターネットへ接続してクラウドに体温データを蓄積して可視化すという内容で書きます。その上で実務的 …

SHARP製スマホSHL23でBLE通信を試してみた

SHARP製のスマホSHL23でBLE(Bluetooth Low Energy)通信のプログラミングを試してみました。わざわざSHARP製のスマホSHL23と書かないで普通にAndroidのスマホと …

Arduino IDEのWindows10でのインストール(2020/05/04版)

現時点でのArduino IDEのWindows10でのインストール方法についてです。 Arduinoでの開発を始めるための最初の難関というほどでもないかもしれないですが、開発環境であるArduino …

温度管理システム的なものを作ってみる(その5)AndroidからCloudへの送信

温度管理システム的なものを作ってみるの5回目です。前回はCloud(Microsoft Azure)での処理について書きました。そのCloudの処理の温度データ登録処理に送信するためのAndroidの …